悩み相談@ラルーン

生理痛軽減と避妊目的でのピルの種類

避妊希望 コメントの数:2 ハートの数:0

生理痛軽減と避妊目的でのピルの種類について。

私は、三年前から親友と一緒に、
同じ病院で同じ種類のピルを処方して頂いています。
ルナベルuldです。
「生理痛軽減と避妊目的でのピルをお願いします」と先生に伝えています。

今まで三年間は何事もなかったのですが、
今年に入り、親友が妊娠してしまいました…。
服用時間や避妊方法について聞いてみたところ、
・服用時間は守っていたが、一日だけ六時間遅れた。
・コンドームは使っていなかった。毎回中に出していた。
との事です。
これらは私にも当てはまります。
という事は、今後私も妊娠してしまう可能性がありますよね?
ルナベルuldでは、避妊効果はないのでしょうか?

先生に親友の妊娠を伝え、
不安なのでピルの種類を変更して下さいと言いましたが、
「今のままで充分避妊効果はあります。」の一点張りです。
いやいや、実際親友が妊娠してしまったのに??と疑問です。

病院を変えて、ピルの種類を変えてもらった方が良いですよね?

コメント一覧

並び替え: 最新順 古い順 ハート数順

No.1    ハートの数: 1

そうですね。

病院とピルの種類を変更したほうが良いと思います。

私はラルーン内でも、ルナベルULDが処方されるようになってから避妊には向かないだろうと書いてきました。回答にも超低用量とは書いても、超低用量ピルとは書いて来なかったのは、いつか誰かが避妊薬、「ピル」と同様のものとして使って、望まない妊娠をする可能性があるのではないのかなと心配だったからです。

ルナベルULDは成分を調べてみればわかりますが、低用量ピルのルナベルLDとは成分は同じでも用量が異なり、避妊薬としての臨床試験が行われていないし、ノルエチステロンを用いた超低用量ピルは海外にもありません。海外でも避妊薬としての臨床試験も行われていません。

「ノルエチステロン」の「超低用量」で避妊薬として認可もされていないし、他に同じ成分配合値のお薬が存在しないのに、ルナベルULDを避妊希望でも服用したい人に処方していますから。

妊娠してもそのまま産む人もいるかも知れないし、中絶手術は産婦人科の貴重な収入源なので、産婦人科としては「だいだい避妊ができる」ものを「避妊もできる」と言って処方して妊娠すれば、更なる収入源が増えるのです。

「うっかりの飲み忘れでしょう。」

そう言われたら、服用者は何も証明できません。
そもそも避妊薬でもありません。超低用量のホルモン複合剤、治療薬です。
自衛のために、避妊には低用量ピル、もしくは超低用量ピルであればヤーズを選択したほうが良いと思います。避妊薬としての実績が無いので、自分で自分の身は守るために、避妊薬としてルナベルULDを選択しないという用心はしておいたほうが、私は良いと思います。

避妊効果がまったくないわけではありません。
「低用量ピルは避妊に使える。避妊薬である。」とするなら、「ルナベルULDはだいたい避妊はできる」という感じです。

避妊希望の方が「だいたい」の避妊効果で良いかどうか。そこは本当は女性にはとても大切な部分だと思いますが、産婦人科は「だいたい避妊ができる」でも自分達は一切困らないので。不親切にもその違いを教えてはくれません。心配ならエコーでみればいいくらにしか考えていないのかも。しかし、エコーに毎回通えるわけもなく。それだったら最初から低用量ピルかヤーズを処方してくれたらいいのですが、そういう産婦人科ばかりではないのが現状のようです。
ルナベルULDで妊娠するかしないか、日本人は実験台にされているかのようで怖いですね。

No.2    ハートの数: 0

>>1 Felizさん
ご丁寧にありがとうございます。
「心配ならエコーでみればいい」←先生に言われました!
しかし、おっしゃる通りそんな頻繁に通えるわけでもなく…。
病院と先生を変えようと思います。
こちらのアプリ内でも、他のネット掲示板でも、
「ルナベルuldを飲んで避妊してるから大丈夫!」みたいな書き込みを沢山見かけますよね…
私も、今までは大丈夫でしたし信じていたのですが、
今回の親友の件をきっかけに意識が変わりました。
すごくご丁寧に、色々と説明までして下さり本当にありがとうございます!

避妊希望 の他の相談