悩み相談@ラルーン

確定申告

おしゃべり コメントの数:2 ハートの数:0

今年の確定申告についてです。
去年、住宅を購入し、今年、住宅ローン減税の確定申告をしなければいけないのですが、医療費も10万超えているので、医療費控除もしたいのですが、二つとも、主人の源泉徴収で申告した方がいいのが、私は、現在育休中で、去年100万円、収入があったのですが、医療費控除は、私のでするかどちらがお得でしょうか。

主人 年収530万
私 育休中 年収100万
住宅ローン 2800万です。

また、主人の年末調整で、103万以上の配偶者特別控除で申告をしましたが、実際、源泉徴収が届いたら、100万でしたので、修正申告はできますか。したら、いくらか返ってくるのでしょうか。
分かる方、教えてください。

コメント一覧

並び替え: 最新順 古い順 ハート数順

No.2    ハートの数: 0

全くの素人ですが知ってる範囲内で答えます。
住宅の減税は不明ですが
医療費控除は年末調整時にできないと思います。
なので年末調整後渡された源泉徴収票を持って
確定申告期間に申請又はインターネットで行ってくださいm(_ _)m

控除を当てる人についてですが
住んでいる地域に寄りますが
大体が100万~96万位の収入ですと
所得税も住民税も課せられない
非課税対象に当てはまると思います。
なので非課税対象の奥様の場合
奥様自身は非課税なので控除申請の
メリットはありません。
旦那様が課税所得がありますので
配偶者控除はもちろん
その他控除を当てることにより
新年度からの住民税が安くなります。

所得税に関しては年末調整で
返金等が済んだあとなので
差額がない以上返金はありません。

住民税は返金はありません
控除申請する額を住民税からそのままマイナスに
なる訳ではありませんのでご注意を!
仕組みとしては数字は適当ですが
年収200万だとして
控除を受けなければ住民税10万だった所を
50万円分の控除申請をしたら
150万の年収として住民税が計算され
住民税が7万になります。
みたいな感じです!


所得税と住民税の計算方法は
異なるので不明な場合手間はかかりますが
問い合わせるといいですよ(*^_^*)

No.1    ハートの数: 0

配偶者特別控除はわかりませんが、どちらで確定申告をするかは、国税局のタックスアンサーで、源泉徴収の内容、医療費等を入力するだけで簡単に計算できるので、試してみてはいかがでしょうか。

おしゃべり の他の相談